FC2ブログ
まぁ、独断と偏見で漫画の批評をします
第七回 サクラテツ対話篇
 第七回はサクラテツ対話篇をやります。

 あらすじは駅前一等地にあるボロ屋。そこに住む桜一家、家が一等地にあるためお金が大変でバイトをしまくる金の亡者主人公・桜テツ。そんな生活がある日一変する・・・いきなり桜家の土地を狙って侵略者が大挙してやってくる!!はたしてテツは家を侵略者達から守る事ができるのか!!

 この漫画は完全なギャグ漫画なのですが名前がみんな哲学者や思想家の名前をパロってるんです。とりあえず題名もソクラテス対話篇をもじってます。
主要キャラの元ネタは・・・
サクラテツ→ソクラテス
富良兎→プラトン
久散と鉄平合わせて→クサンチッペ

侵略者達もこういう感じにパロってるのでそこら辺の元ネタが分かっているとなお楽しめると思います。漫画の内容的にはドタバタコメディですね。


この漫画のオススメ度は
 ★★★☆☆ 2.5 バカらしくて笑えますよ。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
サクラテツ対話篇『サクラテツ対話篇』(さくらてつたいわへん)は、週刊少年ジャンプで2002年1号から21号まで連載されていた藤崎竜の漫画作品。明らかに少年ジャンプの毛色とそぐわない破天荒な内容により、ジャンプの一般読者はもとよりそれまでの作品のファンからの支持
2007/02/07(水) 23:26:41 | このマンガが読みたい!
サクラテツ対話篇『サクラテツ対話篇』(さくらてつたいわへん)は、週刊少年ジャンプで2002年1号から21号まで連載されていた藤崎竜の漫画作品。明らかに少年ジャンプの毛色とそぐわない破天荒な内容により、ジャンプの一般読者はもとよりそれまでの作品のファンからの支持
2007/02/17(土) 23:46:09 | このマンガが読みたい!
サクラテツ対話篇『サクラテツ対話篇』(さくらてつたいわへん)は、週刊少年ジャンプで2002年1号から21号まで連載されていた藤崎竜の漫画作品。明らかに少年ジャンプの毛色とそぐわない破天荒な内容により、ジャンプの一般読者はもとよりそれまでの作品のファンからの支持
2007/02/18(日) 12:12:35 | このマンガが読みたい!
サクラテツ対話篇『サクラテツ対話篇』(さくらてつたいわへん)は、週刊少年ジャンプで2002年1号から21号まで連載されていた藤崎竜の漫画作品。明らかに少年ジャンプの毛色とそぐわない破天荒な内容により、ジャンプの一般読者はもとよりそれまでの作品のファンからの支持
2007/02/20(火) 06:56:19 | このマンガが読みたい!
サクラテツ対話篇『サクラテツ対話篇』(さくらてつたいわへん)は、週刊少年ジャンプで2002年1号から21号まで連載されていた藤崎竜の漫画作品。明らかに少年ジャンプの毛色とそぐわない破天荒な内容により、ジャンプの一般読者はもとよりそれまでの作品のファンからの支持
2007/02/23(金) 18:09:05 | このマンガが読みたい!